変わった場所での性感マッサージ。

 先日、九州へ行く機会がありました。
 ついでだから、どこかないか探してみました。
 出張ついでにデリヘル呼ぶか~!というテンションのお客様、多かったなあ……。

 2つくらい候補があったのですが、場所のわかりやすい方に決めました。

 メールしてみると、「その曜日なら多分部屋を借りられるから大丈夫です」とのこと。

 部屋を借りる?
 普段は何のお店でしょうか。
 男性向のマンションエステだったらちょっと嫌だな~と思いました。
 でも、多分男性向の方がキレイなマンション借りてるところが多いだろうしな(働いた体感です)と思い直します。

 前日に確認連絡をして、当日指定された住所へ。
 ところが該当のビルは重たいドアが閉ざされています。
 ちょっと入りにくい。
 もう一度連絡をして、中から開けてもらいました。

 迎えてくれた男性セラピストは、普通のクイックマッサージのセラピストのような、スポーツジムに行くような、ラフな格好でした。

 中へ入ると、靴箱に靴を入れるように言われます。
 ずらりと鍵付きの靴箱が並んでいました。ここだけを見ると、銭湯のようです。

 その少し奥に目をやると、コスプレ衣装が沢山吊り下げられていました。
 メイド服って、存在がすぐ目立つなあ。
 レディースのコスプレ衣装のようです。

 うーん、ここって何なんでしょう?
 もしかして、風俗店の待機場?

 受付のようなブースで料金を支払い、中へ案内されます。