読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数年越しにオキニと会った。

 わりと最近なんだけど、退店していたオキニはある日普通に同じ店に復帰しました。

 これは! と思うけど、色々あってしばらく経ってから呼ぶことに。
 久々すぎて緊張します。

 たまたまそのときにいたエリアがいつも使うエリアじゃなかったので、初めてのホテルになりそうでした。
 初めてと言っても、仕事で色んなとこに派遣されるから、本当に初めて利用するようなホテルなんて少ない。

 まずは行ったことあるホテルに行くが「え、女性だけ先に入るのはダメですよ」と断られる。まぁ、たまにあります。
 次のところは単純に満室で「待合室で15分待ってて」と言われたけど、ひとりで待つのはきつかった。

 そして三軒目、優しそうなおばあちゃんがフロントだった。
「大丈夫ですよ。おひとりなの?」
「はい。あ、でもマッサージを呼ぶんです」
 咄嗟にマッサージとか言ってしまった。
「何時から?」
「ええと、30分後?」
「それならホテル代かさんじゃうからもうちょっとしてからお越しになったら?」
 見た目の印象通り、優しいおばあちゃんだったので、お言葉に甘えてそうさせてもらう。

 部屋に入るとまあまあボロかった。
 外観だけリニューアルしてるやつだった。
 なるべく部屋を暗めにしてオキニを待つことに。