ニューハーフ風俗へ行こう。

 とりあえず利用地域と、ニューハーフ、風俗で検索をかけると、たくさんお店が出てきます。

 そんなに料金体系もシステムも変わらないので、好みの子がいるA店を選びました。

 一番気になる子がいましたが、なんとなくすごく人気がありそうだし、怖い系のギャルなんだよな……とびびります。

 相手がニューハーフでも純女でも、ギャル系は怖いです。苦手です。
 だってわたし、ただのオタクだし。
 それなのに、なぜ一番気になるのがそのひとなんだろう? それはよくわからないんだけど。



 気になる子のいるお店のなかで、一番優しそうな気がする子を指名しよう!と思いました。
 こんなに優しそうな子に「女性はダメですよ」と言われたら、さすがにそれまでだなあとニューハーフ風俗は諦めよう、と思いました。



 ちなみにこのA店にしようと思ったのは、メールで予約ができたからです。



 レズ風俗で遊ぶときでも、自分が派遣されるときでも、ラブホに入るのは慣れたものです。

 わりとよく行ってたラブホにひとりで入り、部屋番号をお店にメールして、部屋のなかで待ちます。

 レズ風俗のときはお風呂に入っておいて待ってたりするんだけど、今日はどうしようかな?と悩みました。

 できればいちゃいちゃしたりしたいけど、もしかしたらオーダー自体取り消されるかもしれません。

 それならお風呂入ってパジャマで待機してるなんて滑稽だし、そんな臨戦態勢で「プレイとか全くなくても、お話してみたかったんで!ダメですか?」と食い下がっても説得力ないだろうし……。

 いやでもそもそも臭かったらヤバい帰りたいって思われるに違いない。
 お風呂には一応入って、パジャマじゃなくてちゃんと洋服を着て待っていよう!ということで決定して、お待ちしてました。