そういえば女性を接客したことがある。

 私が最初に働いた風俗店では、ブログ営業や写メ営業がさかんで、雑誌なんかに載らなくても、いわゆるフードルのような人気になる女の子がたくさんいました。

 そのなかのひとりで、女の子にすごく人気な子がいて、「女の子でお話だけしたいっていうお客さんが来てくれました~♪」と言っていました。

 私も女の子のお客さんがほしい!と思ったけど、私自体は別に女の子にモテる要素ひとつもないので、そこでは女の子からの指名は入りませんでした。



 別の店で働きだしたときに、ひとりの友人が
「あなたのプレイが見てみたいから呼んでいい?(笑)」
 と言ってきました。
 別に断る理由がなかったのでOKしました。



 単純に言うと、女の子をイカせるのって難しい!と思いました。

 絶対に痛い思いをさせたくないからついなんでもソフトにしちゃうけど、あんまりソフトだと刺激が足りないようだし。
 私もそうだけど、私が過去に付き合った女の子もイクことを目的としてセックスしてた子が少なかったので、そんなに頑張ってこなかった。

 とにかく難しいな~!と思いました。



 レズビアン風俗がオープンしたとき、私も一応ふたつの選択肢を考えました。

 客として利用してみるか、風俗嬢として面接に行ってみるか。

 わたしのスペックでマニアック風俗行ってもそんなに稼げないだろうし、稼ごうと思わなくても接客自体大変そうだし、絶対客で行くほうがいいだろうなあと思って、客として利用しましたが。

 やっぱりそっちの考えでよかった!と思いました。



 そのときの友人はもう一度呼んでくれようとしたけど、断りました。

 そうしたら次々にふつうのデリヘルに「女だけど呼べますか」と問い合わせしまくっていて、話をきいてたら面白かったです。

「なんかキスNGでいいなら行きますって来てくれたんだけど、してくれたんだよー!すごく嬉しかったー!」とか。


 元気にやってるだろうか。