読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レズビアン風俗、ガチでプレイした話。

 プレイをすることになかなか抵抗のあった私ですが、色々な経験を経たこと(後々また書きたいこのあたり)と、

 レズビアン風俗を紹介した友達が
「一番人気ありそうなひと指名したけど痛いだけだった」
 と言っていたので、え!まじで!?ということで、いやもうこれは自分もちゃんとやっとくべきな気がする!と思って、プレイすべく予約しました。
 改まってそういう気持ちで予約すると、めちゃくちゃ緊張します。



 初めて会う女の子で、タチ寄りのひとでした。でもいつも選ぶ人たちみたいに、脱がないとかいうことがなさそうだったから、このひとにしよう!と思いました。

 AKBのとあるひとをきれいにしたような感じの、要するにきれいな女の子でした。
「かわいい」と言ってもらっても、いやいやあなたは正確にかわいいのに、わたしなんかにそんなお世辞言わなくてもいいのに……と思いました。(卑屈)

 


 お風呂いっしょに入らなかったかも。入ったのかな? いやたぶんいっしょに入ってないです。
 がっつり洗ってからプレイに臨みたかったから、たしか別々に入ったと思います。
 がっつり洗おうと思ったらすごい格好になるし、恥ずかしくない?
 普段自分が接客するときは必ずお客さんを洗ってあげるんだけど、がっつりすごい格好にさせて洗うんですが、大多数のお客さんはあまり恥ずかしくなさそうで、すごいな~!と思ってます。



 ベッドに入って胸を舐めてくれたり、指を入れてくれたりしました。
 痛くなかったけど、どちらかというと自分が楽しむかどうかより、きっちり体験するぞ~!という気持ちで行ったので、全然気持ちよさがわかりませんでした(笑)


 でもこのひとは自分の胸を舐めさせてくれたので、それが嬉しかったのは覚えてます。
 女の子のおっぱいっていいなあ、好きだなあと。

 大して気持ちよくなってはないけど、良い体験ができてよかったなあと思って帰りました。

 


 帰ってきてそのひとのブログを見て、すごくがっかりしました。
あなたのおしごとはすごく人の役に立ってる立派なおしごとだよ!頑張ってね♪疲れたらまたおいで☆」みたいな内容でした。
 この文章だけ見て、私が不快に思ったことを理解できるひとも、理解できないひとも、いると思います。
 でもよかれと思って書いてるお礼日記が、全く逆効果になっちゃうことがあるんですよね。わたしもやっちゃってるだろうな~!と思いました。

 


 まあ、そんな感じでした。