読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レズビアン風俗(まだきちっとプレイしてません

 レズビアン風俗で、何人かの女の子とデートしました。


 彼女たちのしてるブログを見てるとなんとなく人柄はわかるきがするので、気の合いそうな子を選べたし、楽しく過ごさせてもらいました。

 当時の女の子、みんな結構顔出しの写メを載せていて、実際本人に会ったときに「写メとあんまり変わらないな」と思うことしかなかったです。




 人通りのかなりある街中でも、一応デートなわけだからと、手を繋ごうとしてくれる子。

 なぜか私にプレゼントをくれる子。(逆だろ~!優しすぎる!と思ってました)

 どこに連れて行っても、楽しそうに過ごしてくれる子。

 必ず、わたしより先に着いて待っていてくれる子。

 しょっちゅう、ドタキャンしたり遅刻したりする子。(笑)



 いろんな子がいて、おもしろかったです。



 そういった話を友達にすると、
「結局プレイはしないの?」     

 と、度々訊かれました。

 おきにいりの子とも上手くプレイできなかったわけですから、わざわざ値段の上がるコースで選んで入って、またああいうことになっても、どうしたらいいかわからないしなあ、と思ってました。



 でも風俗の醍醐味は、やっぱり人肌に触れられるところにある気がする。

 おしゃべりして、遊んでて、それだけでとても楽しいし、満足してる。

 でも私は本当の良さを知らないのでは?

 そんな気持ちもあって、また、ホテルに行くコースで予約してみました。



 何度か呼んだ、ボーイッシュな子。

 完タチで、服は脱ぎたくない様子。
 タンクトップにトランクスの状態でなら、体は洗ってくれるとのこと。
 私だけ裸を見られるのは恥ずかしいので、シャワーはひとりで浴びました。

 ベッドに入ってもやはり脱いでくれたりはしなさそう。

 肌に触れたかったのに、こうなるとどこを触っていいのかもわからないなあ、とおとなしくしていることに。



 普段は楽しくおしゃべりしてくれる子だけど、ベッドに入るとさすがに、しーーーーんとします。

 緊張に耐えかねて、
「なにもしなくていいから、ぎゅってしててもらっていい?」
 と私から言いました。

 しばらくそうしててくれたのですが、間が持たなくなったのか、やる気があるひとなのかわからないけど

「でもこういう場合、うちから襲った方がいいよね?」

 と訊かれて、すごくびっくりしました。ドキッとした。

「そんなことないよ、本当にいいから!」

 と断ってしまいましたが、もっと早く心の準備をして、あの子としておいたらよかったかも、と思います。