読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レズビアン風俗に行ってみた、2度目。

 1度目の微妙な体験の後ですから、2度目は満足のいく体験がしたい。
 そんな思いで、HPをチェック。

 一人の嬢が目につきます。
 嬢というか、いかにも系なボーイッシュ。おとなしそうな感じのひとでした。
 blogを見る限り、まだ接客したことがなさそう。
 新人らしい新人さんなら、前回のように業務的にてきぱきこなされたりしないのでは?という思いが多少ありました。



 待ち合わせ当日、ボーイッシュなそのひとは一人でやって来ました。(以下、ボイ君とする)

「どうしてスタッフさんがついてこないの?」と訊いても、
「うーん、僕あんまり気にしないというか、そういうのない方がいいかと思って」とのこと。
 そんなに融通がきくフリースタイルなのか?と思いつつ、まあそのほうが気兼ねなくて有難い。



「お茶かお食事に行きたいんだけど」と言うと
「なんでも!おなかすいてる!」といった、どこにでもついてきてくれそうな子犬のような感じで、お食事になりました。

 お店は私が決めて、適当な感じのところへ。
 ボイ君は好き嫌いは特になさそうで、元気になんでも食べていました。

 沢山お話もしてくれて、会話の内容で完全にこれは、このひとは、完全にビアンだ!と思いました。

 お会計時、私がさっさと会計をしていると、申し訳ないのかなんだかおどおどしているのも可愛く、好印象でした。
 お金の受け渡しは今回は本人とやりとりしましたが、その際もおどおどしていて、やたらと可愛かったです。

 延長の催促もありませんでしたので、頼んでおいたデート120分で終了。



 直後、お礼メッセージのようなものをblogで書いてくれていましたが、特に詳細ではない内容でほっとしました。
 前回のことがあるからね!



 なんだかあっさりした内容なので、きっと読んでくださってるひとに伝わらないだろうと思うのですが、私はボイ君のことがとても好印象でした。

 なんにもしてないし、大したことも話していなかったけど、時間内いっぱいを気持ちよく過ごせたので。

 私は前回、時間内に何度も不愉快な気持ちになっているので、それと比較すればとても良い体験でした。

 思えば一人暮らしで、仕事ばかりして疲弊していた時期で、楽しいこととは縁遠い時期でした。

 私にとって、その後しばらく、ボイ君と過ごす時間が、一番の楽しみとなります。